2022/03/01 今後の国試傾向予想

第116回医師国家試験分析


第116回医師国家試験は

王道の出題範囲かつ「まず何をすべきか」「次に行うのは何か」判断を問う問題の増加

 ↓ 

表面的な試験対策学習だけでなく、「本質的な医学知識の理解」に基づく「臨床判断力」が身につく学習ができていたか?が明暗を分ける時代へ。


 ① 「過去問を通じて得られる知識で解ける」

 過去問最低3年、できれば5年分を何度か回していれば問題なし! 
対策はわかりやすくて誰もができる! 
 
② 「知識を正確に整理し、応用する力があれば解ける」
 
…実はこの「合否を分ける問題」、 過去問が解けるだけでは解けない。 

→ 病態や機序など、根本的な部分を正確に理解し、自分の中で整理できている人だけ解ける。

 国試は全て新問! 

範囲が同じでも「問われ方が変わったら手も足も出ない」、という状況に陥らないように、徹底的な対策が必要! 

③ 「臨床医視点を持ったうえで、判断する力があれば解ける」 

「解けなくてもいい問題」なんだから、皆が解けない問題を気にするよりも「皆が解ける問題を正答すべき」、がセオリー? 

 ちょっとまって! 

無理なく学習しながら
「解けなくてもいい問題」まで得点源にできるとしたら…!?!?

そう…。 

メックの国試対策なら

①だけでなく②も③も確実に得点源にできる!!!


メックの国試対策 

 1.国試を徹底的に分析した「現役臨床医」が講師

実臨床に則した内容を要所に組み込んでいるため、一歩先行く知識が自然と身につき、気づいた時には「皆が解けない」難易度の高い問題にも対応できる力を手にしています。 

 2.本質の理解を促すレジュメ 

メックのレジュメは、講座を受講しながらご自身で書き込みを行うことで、国家試験対策に必要な全知識を得ることができます。 色分けなどで情報を整理し、ご自身専用のオリジナルテキストを完成させましょう! 根幹となる知識を固めることで、新傾向の問題に対しても解答を導き出す思考力を養います。 

 3.講座・演習・模試でインプットアウトプットのサイクルが完璧


上記3つが揃ったメックの国試対策なら、 
・「自分が特に苦手な部分・間違えやすい部分」 
・「別の切り口での理解」 
・「近年の傾向や実臨床感覚を踏まえた予想」 
などを一つずつ埋めていくことで、

どんな問題にも冷静に対処できる強さ と、医師として通用する知識が得られます。ぜひご利用ください。



国試対策講座ラインナップ一例
講座や教材のご購入・ご相談は
こちらのフォームでお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

MECマイページにログインの上、ヘッダー「お問い合わせ」より
「講座購入について」のフォームをお送りください。